「新春!はしご珈琲&ワークショップライド」

Language: English

随時アクティビティとして

サイクルツアーを行ってるCHARI YA TOKYOですが

不定期かつ精力的にイベントライドをしかけております。

ただし、今年のイベントライドは無事終了。

そして
2017年一発目のイベントを早速告知します!

日本の素晴らしい文化
居酒屋はしご酒!

img_4951

ならぬ

はしごコーヒー

はしごワークショップ

のライドです!

題して

「新春!はしご珈琲&ワークショップライド」

hashigoworkshop

なにそれ?

言いたい気持ちはよくわかります。笑

それでは流れを簡単にご説明すると
まずはCHARI YA TOKYOに集合し

img_5075

近くのとある由緒正しき神社で初詣して家内安全と諸々を神様にお願い。

東京に残された最後の巨大迷路、東向島にぴゅーっと移動。

最近では日本が誇る自転車メーカーである

「ブリヂストン」ともコラボしている「Decibell」さんの直営革工房にお伺いして
世界に一つだけの花…ではなく、カップスリーブのワークショップを行います。

s_5269901850220
工具好きにはたまらない。

s_5269901599987

↑写真の帽子をかぶった3代目の内田さんが優しく教えてくれます。※特に女性

s_5269902074314

自信のある方にはよりレベルの高い作業をしてもらいます。

s_5269901305210

自信のない方は内田さんの匙加減ですが疲労感と達成感のギリギリのラインをお楽しみください。笑

そして出来上がった世界にひとつだけのカップスリーブ!素敵!

s_5269901250869

 

を携えて今やコーヒーの聖地、清住白河へ。

スタッフおすすめのコーヒーショップで早速出来立てほやほやのカップスリーブでコーヒーを頂きます。

dscf4502

時間があったら外でもう一杯ドリップコーヒー落としちゃおうかな?

img_2216

外で挽きたての豆で落としたコーヒーも格別ですよ!

そして、一息ついたら

一路蔵前へ!

SOLS COFFEE ROASTERYさんで

カフェラテのワークショップ!

ドリップコーヒーはご家庭でも比較的気軽にチャレンジしやすいんですが
エスプレッソマシーンを使うとなるとぐーんとハードルが上がります。

だって機械自体が家庭用の安いものでもウン万円。

プロ用だと100万円単位がザラ。しかも200Vに電源の変更が必要というスカイツリーレベルの壁の高さ。

solsespresso
そんな普段は絶対にできないミルクのスチームやエスプレッソの抽出にチャレンジしてみませんか?

自分で落とした&スチームしたカフェラテの美味しさは格別ですよ!

SOLS COFFEE代表の優しいリエコさんのご厚意で
オプションでラテアートも教えてもらえます!(+500円!)

15310357_1156566594378538_1333166697_n

勿論、ご自慢のカップスリーブを使って写真を撮るのも忘れずに!

新年早々そんなコーヒーラバー!モノづくりラバー!な1日はいかがですか??

日程:1月8日(日)
時間:9:00~16:30(状況により多少伸びる可能性有)
集合場所:CHARI YA TOKYO
東京都台東区浅草4-16-4-トドロキマンション1C
参加費:5000円(ガイド、2つのワークショップ、材料費代込)
レンタサイクル、ヘルメット別途ご用意がございます。
持ち物:整備された自転車、ヘルメット、気温によってグローブ。
参加方法:
info@chariyatokyoまで件名に「新春!はしご珈琲&ワークショップライド参加希望」本文に①お名前②人数③日中連絡が取れる連絡先④レンタサイクルの有無をご記入の上メールをお送りくださいませ。⑤身長(レンタサイクルをご利用の方のみ)

タイムテーブル
9:00CHARI YA TOKYO集合
9:15出発
9:30初詣
10:00Decibell工房到着
10:00~12:00ワークショップ
12:00~13:00昼食
14:00清住白河到着
15:00SOLS COFFEE到着
15:00~16:00カフェラテワークショップ
16:30CHARI YA TOKYO到着

レンタサイクル2000円、ヘルメット1000円【要身分証明書】
スポーツサイクルに乗ったことがない方も
スタッフが優しく教えますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
レンタサイクルは↓になります。
http://chariyatokyo.jp/bicycle.html
自走で来られる方はご自分で自転車の保険に入られることをお奨めいたします。
※1ヵ月400円程度です。
ラテアートのオプションは+500円となります。
◆EVENT PAGE◆
https://www.facebook.com/events/211044162678306/

イルミネーションライドのススメ。

Language: English, Chinese

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

CHARI YA TOKYOは躯体のコンクリートむき出しがカッコ良いと

施工したのですが、エアコンではどうにもならない寒さ!笑

たまらず、ストーブを導入です。

img_4931

琺瑯のやかんに水を入れておけば程よく湿度も上昇。

芯から温まりますね。

何より見た目でほっこりします。

さてさて

東京の冬はここ数年でどこもかしこもイルミネーションがどんどん綺麗になってきています。

そのせいかイルミネーションライドご希望のお客様が増えております。

こんな寒い時期に?!と疑問に思われた方!

いえいえ、冬こそ自転車のオンシーズンだと勝手に思っております!(CYT調べ)

勇気をもってペダルを漕ぎだせば、10分後にはあら不思議、カラダもココロもポカポカです。

しのごの言っても仕方がないので

写真を交えてライドの一部をご説明します。

 

旅のスケジュールはいつでもタイトが常。

多少の雨でもお客様のご希望であれば雨でも走りやすい自転車をご用意して決行しますよ。

※ハードシェルジャケットの着用をお奨めいたします。

dscf8409

お二人は日本滞在最終日で沢山のお土産をご持参でしたがCYTのロッカーにてお預かりできますので、お買い物終わりでお越しいただいても問題ありません。

サンタが自転車にまたがった素敵なトップスを着用の香港からのお客様。一目で自転車好きが伝わります。

dscf8419

香港では自転車を日常で乗っている人はほとんどいないのだとか

 

夜の帳が下りた頃に桟橋から船に自転車を載せてお台場に出発です。

海から見る東京の夜景はどんな仲の良い二人でも言葉を失います。波の音も心地よいです。

dscf8497

 

お台場に到着したら、CAFE ROSTOROのスペシャルティコーヒーをご提供。

挽きたて、落としたてのドリップコーヒーをどうぞ。

dripcoffee

夜景を観ながらあったかいコーヒーでホッと一息。至福のひと時ですね。

dscf8402

 

定番のレインボーブリッジをバックに記念撮影、ただ一つ違うのは傍らに自転車があること

dscf8335

 

自転車があるとお台場のこんなスポットもいけちゃいます。

大きいものに感動するのは万国共通。そしてここが東京だという事が一番の驚きです。

dscf8375

 

お台場をぐるっと回ってたどり着いた360度夜景スポットを前に二人の距離はおのずとぐっと縮まるはず。

dscf8441

 

香港で会社を経営されているお二人。最高の笑顔ありがとうございます!

dscf8512

いかがでしょうか?

ツアーのほんの一部ですが、お写真でお届けいたしました。

お独りでも、カップルでも、お友達同士でも楽しめるライドになっておりますので、コチラからぜひご予約くださいませ!!

 

◆OFFICIAL WEBSITE◆

RIVER SIDE RIDEのすすめ

Language:English,Japanese

我们骑自行车导游东京。客人的大部分是从中国,台湾和香港,年轻人比较多。
但是这次我们跟从冰岛来的夫妻导游了RIVERSIDE tour。

他们在国外经常参加自行车导游。所以我们劲头十分了 哈哈。
欧美人比亚洲人高大,所以我们安排最大的自行车。
准备都好,出发!!

我们的导游是慢慢地走平坦的路线、安全第一。
RIVERSIDE tour 是沿着隅田川去的。骑自行车,散步。那天的天气是真好,很舒服的一天。

沿着河边走大概两个小时,我们到了築地市场。我们在那吃午饭。餐厅是在旅行指南上绝对找不到,会吃特别新鲜的海鲜料理。看他们很满意的。

吃午饭后,我们打算去东京塔。但是他们希望参观市场。所以我们在市场内散散步。

散步好了,下一个目的地是台场。我们跟自行车乘水上公车去台场。到了台场,我们再骑自行车周游。

去到国际展示场,他们觉得累,所以我们休息了一忽儿。

那时候,KEISUKE买了巧克力给他们。这是真日本的 O MO TE NA SHI!
真棒KEISUKE!

休息后,我们去了风景区。我们比较担心,应为在路上有上坡路。但是他们会骑上去,看到了很美的风景。

最后,我们通过銀座~日本橋回去我们的办公室。但是他们不但觉得累,而且公路是汽车很多,混乱。所以我们变了路线去汽车少的路。

在築地散步的时候,他对日本的菜刀有兴趣。我们去在日本很有名的菜刀商店。
看很多中的菜刀, 看他很满足了。但是这次她说要买煮咖啡器具。应为她在日本喝了咖啡,她觉得非常感动。其实他们不但喜欢喝咖啡,而且已经有煮咖啡的器具,但是他们要煮一样方式的器具。所以我们找商店,帮助买器具。结果,他会买他真希望的器具。

终于到了我们的办公室。tour结束了。
他们说他们过了非常愉快的一天,我们也感动了。

下一天,他们立刻写很好的论评。
真感谢。

今天我看他们的facebook,真吃惊了。
应为他是个市长!!

您好Ísafjarðarbær!
如果您有机会来日本的话,请参加我们的导游!
我们是市长的推荐 哈哈!!

A-ROUND『皮から革へ~革小物もつくれるよ~』後編

Language: 中文

前編はコチラ

後編は

工場見学を終えて、浅草へ向けて再出発。

img_6674

ですが、すでにお昼時、腹が減っては戦はできぬと

東向島が誇る大人気のパン屋さん

「カメヤ」さんで美味しいパンを買い込みます。

女性陣、明らかに食べきれない量のパンを購入。

思えばこの時すでに、怒涛の買い物欲の火がついていたのかもしれません。

運よくイートインスペースのテラス席が空いていたので

皆で美味しくいただき、

img_6683

その後は、これから作るブックカバーワークショップの作戦会議。
※案の定女性陣は大量にパンを持ち帰ることになりました。笑

お腹も一杯になったところで

全く車が通らない橋を使って隅田川を渡ります。

広い道を颯爽と走るのは本当に気持ち良いです。

img_6695

浅草に着いたらまずは、革を仕入れます。

1件目は富田興行さんへ。普段は完全に卸業なので小売りは一切やっていません。

皮が革になる過程を実際に見学してからの

大量の革を見て大興奮の皆様

img_6699

さらにここで革の詰め放題500円という目玉企画を見つけてしまい、くぎ付けです。

袋も大きく、心行くまで革を選び全員分の革と夢を詰め込みます。

img_6703

これだけ買っても500円

割り勘にすると一人百円以下になるので

ここは日本の伝統芸能(?)男気じゃんけん(勝った人が全額払う)で決めます。

結果…

 

14628023_941464689292115_429522888_n

やりました!ガイドのKeisukeが自腹!

図らずして革代もツアー費用の中にインクルーズ。。。笑

そして2件目

奥浅草は革産業が密集しているので、路地をまったり走っていきます。

数分で大久保商店さんへ。

img_6714

世界に一人だけしかいない専門の職人さんがスキモレザーという

革製品を置いてあります。

こちら全ての商品が一点ものとなっております。

つくり方を簡単に説明すると

数十枚もの革を張り合わせて、それを角度を変えて薄く漉いていきます。

img_6727

口で言うのは簡単ですが、膨大な時間と手間、経験が必要です。

img_6736

このスキモレザーを使って、A-ROUNDの為に革の家を製作していました。

img_6718

これ全部革。にわかには信じられません。

img_6724

ドアを開けて、中を見ると絨毯が…

img_6721

もう意味わかりません。ここまでくると良い意味で変態です。笑

既にブックカバーの素材をゲットしているので

スキモレザーを使った小物やお財布などをゲット。

ここで完全に金銭感覚が崩壊。お財布の紐が緩みっぱなしに。笑

そんな状態のまま
革の仕入れの最後は「革の広場」へ。

img_6711

小さい工房が公園に出店しています。

製品、素材と丁度良いサイズ感、かつ上質な革が販売されています。

img_6751

勿論ここでもどんどん買いますね。

img_6754

まさかのイベントを根底から覆す、ブックカバーを購入という暴挙にでようとしていたり、笑

img_6748

もしお金が無くなったら車を売ればよいそうです。安心ですね。笑

img_6762

男性陣はというと女性陣の購買意欲に完全にのまれておりました。。笑

ガイドのKeisukeの仏頂面は演出です。悪しからず。笑

img_6761

そして、最後に針と糸を購入するために「マモル」さんへ。

革の街、浅草ですからもちろん

ここでも店頭に革が…

ご参加のTさんSAY

「まだ買わせるんですか?」

img_6767

もう今日なら結構怪しい壺でも革を使っていたら勢いで買っちゃうんじゃないかと。笑

img_6772

結局こちら購入していました。笑

もうバックもパンパンです。

img_6783

 

とはいえ、チャリだからこの距離感でも小回りきくし、どこでも止まれるし、いいことづくめ。

img_6773

 

さあ、材料をすべてそろえたところで

img_6784

残るは最後の目的地「モノづくり工房」にてブックカバー製作!

img_6788

 

買ってきた革の中から自分の革を探し出し

img_6793

 

裁断作業。機械好きにはたまらない工房

img_6804

 

こういう時のBGMって結構大事。

img_6807

奥でふんぞり返っているのが、本日のガイド兼ワークショップ講師Keisuke
※演出です。

img_6825

穴をあけて

img_6835

糸を針に通したら

img_6847

img_6849

これだけで画になりますね。

img_6863

あとはとにかくひたすらに縫うのみ!!

img_6851

 

img_6839

でもせっかくだから楽しみながらね。

img_6853

今日一番の笑顔頂きました。

img_6859

最後は糸をライターであぶって固着させます。

img_6875

あっという間に予定製作時間2時間に…

間に合わなかった人は…

 

 

CHARI YA TOKYOで居残り。笑

img_6888

最後には皆様大満足の出来で記念撮影

img_6914

 

 

といったところで近年稀にみる充実な一日が終了。

想像をはるかに上回って楽しかった&楽しんで頂いたので

A-ROUND以外でも開催しようと企んでおります!

このブログを読んで興味ある方は、またfacebookページで告知いたしますので

いいね! or こまめなチェックをお願いいたします!

◆OFFICIAL HP◆
http://chariyatokyo.jp/index_jp.html

A-ROUND『皮から革へ~革小物もつくれるよ~』前編

Language:中文

さー!

終わりました!

CHARI YA TOKYO初参加のイベント
革とものづくりの祭典「A-ROUND」

まずはご参加いただいた皆様、ご協力頂いた関係各位。

本当に、本当にありがとうございました。

おかげさまで人生でもトップレベルに楽しく、充実した時間を過ごすことができました。

さて、特別大好評だった2日目の「皮から革へ見学ツアー~革小物も作れるよ~」の一部始終を振り返りたいと思います。

※長いので分けます。汗

朝9時に集合。

水色の絶妙なセンスの、のぼりがA-ROUND参加店の目印です。

img_1897

続々と集まる参加者の皆様。

と思ったらおひとり様大遅刻。。

取り急ぎ、すでにご到着の皆様に今回のイベントの趣旨説明、自転車での公道の走り方等々を行い、遅刻のお客様が到着次第、大至急出発です。

この時点で10時20分

一軒目の東墨田の「福嶋化学」さんの見学開始予定は10時30分…汗

いきなり大ピンチですが、ここで事故を起こしても仕方がないので

安全に十分留意しながらガイド開始です!

車の通りが極力無い通りをチョイスして走ります。

折角なので白髭団地や鐘ヶ淵のうんちくをあれこれお話ししつつ

あっ!という間に到着です。

こちらでは

屠畜された主に豚の皮だけを毛と脂のついた状態で仕入れ

いくつかの工程を経て皮から革にします。

まずは

生の皮(原皮)。余裕で毛も生えていますね。

ザラッとした感じは長期保存するために塩漬けされているからだそうです。

img_6622

先の大戦の時、東墨田も絨毯爆撃の例外ではなく、この周辺のタンナーさんが近くの公園に塩漬けされた生の皮を埋めておいて、1年以上たって戦争が終わった後に掘り起こしてみたら、まったく同じ状態で保存されていたそうです。

塩ってすごい。

いきなりこんなDEEPなお話が聞けるのは工場見学ならではですね!

さあ、そしてこの生の皮を豚用のドラムに入れて、毛を溶かす薬剤をいれて蓋をしてグワングワン回すと

img_6624

毛も脂もとれて、見た目、巨大な焼き鳥屋でよく見る鳥皮みたいな状態に。

img_6628

この後、クロムやタンニンを入れてなめしていきます。

ここまでくるとやっと革らしくなってきます。

と、ここで鞣された革の写真を撮ろうとした矢先、染色がちょうど出来上がったということで、

ドラムから染色された皮と染色剤が放出されるところを生で見ることができました。

一同固唾を飲んで見守ります。

 

 

ばしゃーーーーーーーん!

 

img_6637

 

一同「………」

 

あまりの迫力に言葉を失いました。

これ、実際に観てほしいランキング世界トップランカー級です。

オーダーの色を出すのに何度も薬剤を混ぜ合わせ、配合を探るそうです。コンピューターではできない職人のカンがものをいうお仕事ですね。

14741125_944936125611638_1952541631_n

2階にあがり最終工程。

ここまで来たらほとんど我々がよく目にする革です。

dscf7948

出来上がったばかりの原反の山の前で

革なめしについて熱く語る、福島社長。

img_6644

豚への大きな愛を感じることができました。

3代目で創業約100年を数える老舗企業です。個人的にも改めてゆっくりお邪魔することをお約束し、工場を後に。

そして、お次は、ほど近くにある「墨田革漉工業」さんへ

ここではなめされた革を漉いて均一の厚さにして測量をし、値段を決めていきます。

そしてフィルム(イタリア製!)を貼ったり、型押しをしたり、パンチングしたり、プリーツ(!)処理をほどこしたり、テキスタイルを印刷したりと、本当に様々な加工が施されます。

まずはショールームに案内して頂き

img_6645

こちらで、現在加工した後の革を色々と見せて頂きました。

dscf7949

ご案内役の佐藤部長はとてもおおらかかつ、饒舌な方で、遅刻してきた我々に対しても終始笑顔で、ヒョウ柄のテキスタイルをほどこした革はほぼ100パーセント大阪に納品するというお話しや、革関係の仕事をしていないと絶対にしらないBtoBの最近倒産してしまった会社名を全員知っている前提でご説明して頂き、参加者の頭の上に「?」マークが浮かびまくったりと

ならではの情報を聞いていて、危うくここでタイムオーバーしそうになりましたが、

参加者全員で早く工場見たいオーラを出したおかげで、何とか工場終了(土曜日の為12:00終了)の時間に間に合いました。笑

img_6646 img_6648

イタリア製のフィルム。キレイですね。

ちなみに納期は発注してから2か月以上だそうです。

さすがイタリアン!笑

まずは巻かれて跡がついた革をプレス機で平らにします。

img_6652

写真は男のロマン、コードバンを平らにしています。光沢がたまりません。

初めてコードバンの原反を見ましたが完全にお尻ですね。笑

そして早速革を漉きます。

dscf7954

向かって左から右に革を漉きます。漉いたら逐一厚さが均一か計測していました。
ちょっとだけ怖そうだけど、革の端切れを試しに何度も漉いて見せてくれてサービス満点の職人さんでした。最高かよ。

お次は計量。

img_6656

この職人さんの所作がキレイでしばし見とれていました。

こちらで厚さと大きさを正確に測って値段が決定です。

ここでの佐藤さんの

「ここをちゃんとしないと空気の売り買いになっちゃうからね」

というお言葉にプロ意識の高さを感じました。

この後の型押しや箔の貼り付け、パンチングの作業は既に終了してしまっていたので工程は見られず…残念…

実は下見の時には時間通り(しつこい)にお邪魔していたので見せて頂いたのですが、かなり面白いです!

※今回かなり大好評だったので次回開催時ぜひご参加、ご覧いただければと思います。

img_6660

60年以上の歳月を経て現役の機械、什器には得も言われぬ魂がこもります。

このテーブル強烈にほしいです。もし奇跡で頂いても何に使うかは謎ですが。

こちらは(↓)プリーツ機。

布用のプリーツ機をそのまま流用していて、ISSEI MIYAKEの洋服に使われている革のプリーツはこちらで製造されたそうです。

img_6663

 

最後に革漉前の原反の前で、最近の牛革は薄くなった、良いモノは全部中国に行ってしまっているという全く同じ説明を3度ほど繰り返し伺いまして、お蔭様で最近の牛革の原反は薄くなった、良いモノは全部中国に行ってしまっているという事は参加者全員一生忘れないと思います。

dscf7967

本当にありがとうございました。そして遅刻して大変申し訳ございませんでした。

佐藤さんの事、参加者みんな大好きと申していました。

14800823_944936122278305_1252942584_n

さて、普通は絶対に観られない工場見学を終了し、浅草にむけて出発!

img_6674

と、前編はここまでです。

革の買い付けとワークショップは後編で…

 

◆OFFICIAL HP◆
http://chariyatokyo.jp/index_jp.html

CHARI YA TOKYO presents 下町3EX

Language:中文

さる9月に開催された

CHARI YA TOKYO presents 下町3EX

Explore(探検)
Excursion (周遊)
Excavation(発掘)
という3つのEXがコンセプトのイベントで

下町の有名なスポットだけではなくディープなスポットを与えられた地図を頼りに
自転車で周るスタンプラリー的なライドでした。
一時期大流行したアレイキャットレースのまったり版と考えて頂けたら。。

まずは

9時に集合して、皆さま受付。
img_5075

そして、続々と出発。

img_4108

今回、スポーツサイクルに乗り慣れていない方もいらっしゃるだろうとガイドもご用意。

CHARI YA TOKYOのガイドKEISUKEが担当。

14339915_920004301438154_40570021_o

私IKKEIはCHARI YA TOKYOで最重要任務で待機(アフターパーティーの買い出し)していた為

お客様の写真でお楽しみください。

京都に行かずともな1000本鳥居
img_5077

安全かつ気持ちの良い道をしっかりガイドしていきます。

14340025_920004434771474_913653383_o

CHARI YA TOKYOは酒屋さんは外せません。笑
img_5093

アノ冬でも行列で有名なカキ氷屋さんも問題に入れました。

14339370_920004341438150_659563075_o

img_5079
寄り道も自由自在なのが自転車の良いところ。

創業350年を誇る金魚の卸問屋さんで癒されます。

14393884_920004364771481_220616377_o

14375176_920004351438149_1230912448_o

日本で1人しかできない革加工技術を持つ工房を問題に。

フクロウは感動です。(行った人しかわかりません)

14407821_920004411438143_264303870_o

↑これ全部印刷じゃないんです。色んな色の革を数百枚重ね合わせて薄く漉いているんですね。

そして

ゴールした後は

お待ちかねのアフターパーティー!!!

@HATCHで屋上BBQ!!!!

築70年と言われる超ビンテージビル!!
オーナー自ら改築中で
各所にフォトジェニックなポイントが…

s_4923765412510

s_4923767498664
何はともあれ、到着した人から
かんぱーい‼

14329307_920004448104806_4169994_o

後は焼いて焼いて食べて呑む!!

img_4114

s_4923767355955
自転車はCHARI YA TOKYOに置いてきているので心置きなく楽しめます‼

img_5113

img_5115

そして、
今回REAL BBQ様の協賛で、問題全問正解者には

REAL BBQ PARK利用券(5000円相当)

をプレゼント!!

楽しい時間はあっという間で2時間が終了!

img_4130

ただし、これで終わるわけありません。笑

14340043_920004478104803_1263775699_o
からの

14375164_920004471438137_390570670_o
またかんぱーい!

かくして奥浅草の夜は深く深く更けていきました。。

あ!!!!!

このライド、実は

10月14日~16日まで開催される

モノづくりのDNAが息づく街、奥浅草を周遊できる
A ROUNDという

イベントのリハーサル的なライドでした!

今回CHARI YA TOKYOは

1日目はレンタサイクル
2日目は普段は絶対見られないタンナーさんや革加工工場を周って、革小物をつくるワークショップ付のライド
3日目は食肉市場に自転車で買い出しに行き、HATCHでBBQ!!!なライドです。

詳細はこちら

奮ってのご予約お待ちしております!!!

無いものはつくるCHARI YA TOKYO

Language:中文

CHARI YA TOKYOでは

ありがたい事に

香港や台湾からのお客様もcycling tour(サイクリングツアー)のお申込みを頂いておりますが

特に香港のお客様は

お国柄、道路が安全に自転車で走れる環境ではないため

幼少の時に公園で補助輪付の自転車に乗ってから

その後、乗ったことがないという方(特に女性)が

多く、ドロップハンドルの狭いハンドル幅が

怖いというご意見を頂いたので

melancholy、2台をドロップハンドルからフラットハンドルに変更いたしました。

どのくらい狭いかと言うと

このくらい。

img_4087

数値だと13.5㎝

いわゆるママチャリしか乗ったことがない方だとバランスをとることが結構難しいみたいです。

安全第一CHARI YA TOKYOは早速フラットハンドルにちょちょいとブレーキを外してハンドルを差し替えます。

img_4041

だがしかし、ここで一つ問題が…

ブレーキがドロップハンドル用なので

フラットハンドルだと直径が2㎜ほど足りないのです。

無いものは作るがモットーのCHARI YA TOKYO

困ったときのグーグル先生に聞いてみたら

アルミ缶を切って巻き付ければOK!と書いてあったので

丁度スタッフが飲み終えたコーヒーのアルミ缶を切断。

…しばらくやって気が付いたこと。

アルミ缶薄すぎ。。

何重にも巻き付けても一向に2㎜に達する気配がありません。笑

2㎜ってこんなに厚かったっけ??

しかも、固定するために強く締めるとちぎれてしまう始末。

らちが明かないので、再度グーグル先生にお尋ねします。

30秒ほどで1㎜のアルミ板を切断して作るという画期的な方法をゲット!

なので最早ないものはないのではないかと思われるamazonにて早速購入。

これを

img_4040

カッターでしこしこ細工しまして

img_4039

くるっと巻いて直径+2㎜の完成です。

img_4050

さあ、いざ、装着。

img_4049

ばっちり固定できました!!

試しに乗ってみましたが、快適です。こんふぉーたぶるです!!
ちなみにブレーキ幅は倍以上の27.5㎝。

全てパーツは黒で統一したのでクールさは失わず快適性は格段に上がりました。

身長155cm~170cmの方向けの自転車ですので

お気軽にご指定下さいませ。

今回の費用
ハンドル1500円、グリップ1000円、アルミ板361円×2台分

取り外したドロップハンドルは

しっかりヘルメット掛けとして生まれ変わりました。

s_4898279831538

CHARI YA TOKYOはcycling tour guideサイクリングツアーガイドです。

工務店ではありません。笑

それでは皆様のご予約お待ちしております。

CHARI YA TOKYO OFFICIAL HP