Handle was replaced.

Language:Chinese,Japanese

We have some drop handle bikes for our guests. If the guests are accustomed to riding a bicycle which is sports type, It won’t be a problem. However, some of them are not accustomed to. Sometimes they say they worry about if they can ride this kind of bike. So we decided we introduce some riser bar handle. Before we start, please check our original bike lineup.

Well, what is riser bar handle??

This is the handle which is more better controllability than drop handle. Actually, riser bar handle is not good at long distance touring, more important things are good controllability, because streets of Tokyo are complicated. Anyway, the eye position is also high, you can enjoy the city scape.

Now, Let’s show the changing process.

First of all, remove the handle from bicycle.

Because this riser bar handle is for mountain bike, so it has long width and good stability.

Cut the bar for adjust width. The roads of Tokyo are not so big, compact handle is better.

Polish the cut end with sandpaper.

Install the grip on the handle.
It’s done!

BTW, we chose blue and red, because these colors are CHARI YA TOKYO’s symbol colors.

It’s so stylish. Isn’t it?

Would you like to go on the tour by this bicycle?

Let’s make a reservation here↓↓

OFFICIAL SITE

written by Ikkei Eguchi
Translated by Keisuke

BIKE LOREHAKUSHU3

Language:Chinese,Japanese

We closed our business and we participated in BIKELORE3 in Hakushu, Yamanashi prefecture where is 180 km away from Asakusa last weekend.

BIKELORE is one of famous outdoor bicycle event. So I brought my bicycle there.
Take the tyre off and fix the bicycle to the car carrier.
Well, got ready to set off!

I left early morning but I got stuck in big traffic jam.
It was killing me.

However,

this beautiful landscape made me refresh.
The tiredness has gone so quickly!

I set up my bicycle after I arrived.

Oh! Hi caterpillar.

This is kind of baptism of the nature. I moved him or her away gently.

Well, It’s done.

Now, we should prepare BBQ!

We brought some food each other and we shared them.

Good! Such a fun time.
Cheers!

We enjoyed eating and drinking.

Well, I said that BIKELORE is an outdoor bicycle event. So There are lots of cyclocross races.
You can enjoy them absolutely, even if you don’t have an interest in bicycle.

BMX show,

kids Balance Bike race,

and also fancy race!

You can also enjoy fishing.

Of cause, you able to eat the fish soon after get it.

Soft cream is also delicious. It’s 10 times sweet, if you eat it in the nature.

The last one is Tonjiru!

After BBQ, I had a nap in the hammock.

but I have kept sleeping until morning.

Rightly, I woke up so early next morning.
It was 4:30 am.

So I Made morning coffee. It was so delicious.

Chill out again.

The time goes slowly.
I cycled around the park my bicycle.

I watched main bike race.

He is a friend of mine. He was so fast.

He got a first prize!

Congrats!!

Anyway, we had wonderful time there.

You watch the movie here!

Next time is in November in Akigase park in Saitama prefecture!
We plan to participate this event as CHARI YA TOKYO next time.
Please join us and have a fun!

written by Ikkei Eguchi
Translated by Keisuke

It’s a Brand new communication tool!

Language: Chinese,Japanese

Hi We are CHARI YA TOKYO.

We are running a cycling tour guide in Tokyo.

It doesn’t matter if you are foreigner or Japanese, traffic situation is very important for your safety, especially if you have a cycling tour.
Actually, it can’t say Japanese traffic situation is friendly to bicycle. Bicycle lane has been increasing nowadays, However it’s still not enough to solve these problems.

You can see Japanese bicycle lane situation.

We choose safe route as possible as we can for several participants but there is a case we have to choose the main street sometime and If the participants are more than 5 person, we are often split into two groups by traffic light.
We communicated on the radio for participant’s safety so far but this communication system has lot of problem, such as sound quality, communication distance and more so we didn’t satisfied with it.
When we need to find a solution, we met a epoch-making bluetooth communication device.
It’s called BONX!

Check their introduction video here.

features are:
①Maximum ten people can talk at the same time.*General radio can’t talk when another people is talking.
②If you got the app, you can talk no matter where you are.
Because it can talk through the mobile app so you can talk if you catch Wi-Fi. No matter where are you are.
③You can talk in handsfree. It can recognize you voice and turn on automatically when you say something. It’s good for bicycle!
④Hi-quality sound. It can hear everything clearly.
⑤Waterproof and viberation-resistant. It can use any weather situations.
⑥One push mute system. It can easy to turn mute mode. *It’s very important when you go to the restroom lol.

Well, we used this communication device in our latest event ride. There were 15 participants but it was totally good! We could improve our communication while we riding and make our tour more safe!
Well done BONX!

We have two more BONX for our guests so if the number of people was less than two, the guests can use them as well. * Please download the app in advance.

Please Join our tour and try BONX!

 

Writing: Ikkei Eguchi
Translation: Keisuke

We appear on a NHK WORLD TV program ‘’Tokyo Eye 2020’’ .

CHARI YA TOKYO メディア情報!

CHARI YA TOKYOが
海外向けのNHK WORLD “Tokyo Eye 2020”
という番組で放送されます!

自転車を使って楽しむ東京の特集にて紹介して頂きます。

是非ご覧ください!

・国際放送:5月10日(水)8:30~9:00/ 15:30~16:00/  21:30~22:00
 NHK WORLD ホームページにて

・国内放送:5月12日(金)3:30~4:00  BS1にて

 

 

We appear on a NHK WORLD TV program ‘’Tokyo Eye 2020’’ .
You can see how you can enjoy the Tokyo by bicycle.

Please check it out!!

International broadcasting: Wednesday, May 10, 8:30~9:00/ 15:30~16:00/ 21:30~22:00
Online: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
Domestic broadcasting: Friday, May 12, 3:30~4:00 Channel BS1

我们演出NHK WORLD电视台的节目Tokyo Eye 2020。
介绍骑游东京的魅力。
请务必看一看!!

国际广播:五月十号星期三 8:30~9:00/ 15:30~16:00/ 21:30~22:00
上网:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
国内广播 五月十二号星期五 3:30~4:00 BS1频道

CHARI YA TOKYO’s bike line up

Language:Japanese,Chinese

We are based in Asakusa and run a cycling tour company for tourists from overseas.
For cycling tour, most important thing is

the bicycle.

I’d like to tell you about our bicycles today. By the way CHARI means bicycle in Japanese slang so I’ll call bicycle chari in this blog.

We lunched this business just 1 year ago. There are may cycling tours already in Tokyo so we had to create something different from them. Actually our tours visit many different places, famous and not famous, which may or may not be listed in guidebooks.

How about bicycles?
We were thinking that which bicycle should we buy when we start this business.
Our requests are Japanese product, perfect much with Tokyo street. and have a relationship with street culture.

And now,  Our answer is rockbikes.

This bicycle create beautiful and good value products and the point of us adopting this maker is to have these factors. Now we have a great relationship, they kind helped us and provide some bicycles for free. Thank you very much!!

Well now, let me introduce our chari.

MELANCHOLY

This is pist type. It became a popular style in San Francisco in 2007.
No gears, No brakes. This radical spirit influenced teenagers and street culture.

This kind of chari was created by massagers. They customized Japanese Keirin flame as a pist bikes. This MELANCHOLY was also influenced by these movement.

It has a beautiful geometry. Flame is made by chromium molybdenum steel. It has not only good strength and also lightweight and suppleness. Of cause it has brakes for safety. We have 6 for our guests.

Regular steering is drop type.

We also proved some flat type. This type drive more easier than drop type.

Looks like this.

We have 2 this type of bikes.
It strongly recommend to beginners and ladies.

And one more thing.
MELANCHOLY puts the rear brake under the pedal crank.

It makes beautiful look from the behind.

snappy cycle tour needs snappy chari!
However, thin tyre always has a range of puncture. Actually, it possible to have a puncture it the tyre was thick but next chari can reduce puncture risk.

GREED phase2

This is cross bike type. It can say progressive design in the cross bike category.
The flame is chromium molybdenum steel and designed old fashioned style. However it has oil pressure disk brake system. This chari blends the old and the new technology.

the tyre is 32c. It looks like a mountain bike. It makes comfortable when you over the gap on the street.

This oil pressure disk brake

can help your riding in the wet condition. This is the perfect chari for urban cycling.

Our chari looks difficult to ride at the first sight but we promise you that our chari makes your tour more comfortable and safety.
Please feel free to join and try to get on our chari.

Let’s find new Tokyo with
CHARI!!!  Yeah!!!  TOKYO!!!

 

CHARI YA TOKYO OFFICIAL WEB SITE

桜前線直前! ?お花見&3waybag Workshop RIDE Report

Language:Chinese,Japanese

It was so warm and springlike on March 28th. We hold the cycling event that 3WAY BAG WORKSHOP RIDE.
This is the report blog.

The participants came to our office at 8:30am and registered the event.
it was cold a bit but they red the event contract and signed it.

According the custom, we took a photo before the event start.
Well now, let’s go cycling!

We went along Kandagawa River.

 

Kept going…

It was so wonderful if the cherry blossom has come out, but it hasn’t. However, we were lucky to find the cherry blossom. It wasn’t in full bloom but enough beautiful.

We arrived at Futaba-en, where we learn about and create Japanese traditional dyeing.
By the way, they made unique parking sign for us. It was very surprised and thank you very much!

Time to dyeing workshop!

The craft man was so friendly, he kind enough teach us about the dyeing and their history.

We used these pigments. Because the cloth were quite dark, we picked up some vivid colors this time.

Everybody printed so carefully.

Let’s see their work now.

Everybody showed their originality.
So brilliant!

After painting work, make the pigments fix on the cloth by using special steam machine.

15minutes to complete!

Now, time to leave for Yoyogi.

We kept go along the riverside and stoped at Yoyogi Village for lunch.

There are some restaurants in the village but we had a curry-rise.

Such a novel color!
It was so nice actually.

After having lunch, we went to Repre bag making school for 2nd workshop.

We tried to make a 3way bag. First of all, we learned how to use the sowing machine.

They were working much seriously.

The cloth transformed into a bag gradually.

1way bag already.

It’s done!

 

 

Some participants use the bag already when we go back to Asakusa.

Here is the event video. Please check it out.

 

Please let me announce our next event.
We will try to dig up bamboo shoots and enjoy BBQ in Yokohama!!

We are so looking forward to seeing you next time.
Thank you very much for reading and take care!

https://www.facebook.com/events/1829862150613357/

 

2017.03.27 written by Ikkei Eguchi

桜前線直前! ?お花見&3WAYBAG WORKSHOP RIDE 告知

先日facebookでイベントページを作成したものの

2017年3月20日に開催予定の

桜前線直前! ?お花見&3WAYBAG WORKSHOP RIDEですが

 

自転車?バック?お花見?染色体験?

と盛りだくさん過ぎて

大体の皆様が頭に?ハテナ?充満中だと思うので

一日の流れを追っていきます!

まずは9:00に集合して受付。

当日のブリーフィングをして

CHARI YA TOKYO前で記念撮影したら

早速出発です!

まずは

江戸時代、幕府の令により町人は職業別に住む場所を決められていました。

染色職人のそれは江戸(東京)の場合、今の住所で神田紺屋町という場所でした。

まずは浅草から路地を抜けて神田紺屋町に向かいます。

こちらほとんど当時の面影は残っておりませんが

歌川広重の版画や様々な文献には残されております。

元々は幕府御用達だったそうですが、その後、庶民向けの浴衣や、手ぬぐいのほとんどがここで染められるようになり、流行の発信地になり 「場違い」という言葉は、ここ以外で染められた藍染めを揶揄する意味がもともとの語源とのことです。

ここから職人たちが、明治、大正の時代になり、染めた布を洗うためのより綺麗な河の流れを求めて神田川、そして妙正寺川が流れる落合まで遡上した道程を二葉苑まで神田川にかかる橋からの景色をかいつまんで進めていきます。

まずは和泉橋

隅田川の支流である神田川のほぼ河口だと言っても差支えのない場所です。

ビルが川沿いに立ち並び

穏やかな流れが堤防の低さからも容易に想像がつ

きます。

 

 

お次は少し進んだ秋葉原直近

肉の万世でおなじみの万世橋からの眺め

写真奥の神田川橋梁には電車がひっきりなしに走っています。

 

 

さらに数百メートルいったところの大正12年に架けられた歴史ある昌平橋から万世橋方面を

右端は中央本線の大正8年(1919年)に中央本線が旧万世橋駅から東京駅に延伸された際に建設された神田のレンガアーチ高架です。

関東大震災や戦火を耐え抜いたそれらは非常に深い味わいを感じます。

 

まだ数百メートルしか進んでいないので先を急ぎましょう。笑

 

 

このライド唯一の緩やかな坂を駆け上がり

御茶ノ水の名前の由来になった御茶ノ水橋から

都内屈指の美しい「聖橋」が

 

 

 

 

 

 

見えません。笑

先月から長寿命化工事に入ってしまったみたいです。

来年まで工事は続くみたいですね。

ある意味1年限定の景色ですので、レアかもしれません。笑

 

 

とはいえ若干のがっかり感は否めない所で

水道橋へ駆け下りる途中

サプライズ第二弾のサプライズありました!

桜といえばソメイヨシノが有名ですが

一足先(2月)に咲く桜もあるんです。

ソメイヨシノの桜並木はもう少し下流だし、まさかこんなところに!

と興奮気味にスタッフがパシャパシャと写真を撮っていると、気になって立ち止まったおじさんから

「何十年も毎日ここを歩いているけれど、こんなところに桜があるなんて初めて気が付いたよ!(気が付かせてくれて)ありがとう!」

と感謝のお言葉を頂きました!

 

 

これが自転車の醍醐味ですよね。普段の何気ない道が特別な道になります。

そして、水道橋を駆け抜け、後楽橋へ

大分川幅が狭まってきました。

 

 

 

そして、気になる船、こちらはハシケといわれており

こちらは台東区、千代田区、文京区の燃えないゴミたちが

トラックでこちらまで運ばれてきて、ここからまとめて(1隻でトラック十数台分の輸送能力!)

 

東京湾の処理場まで運ばれるそうです。

生活に直結した運河としての役目も果たしている神田川。。

色々とドラマがありますね。

どんどんまいりましょう。

元々飯田さんがこの辺りを徳川家康を案内した功績をたたえられて飯田町。そこにかかる橋だからと名付けられた飯田橋。

今では飯田町はなくなり飯田橋が街の名前に。

まさに下剋上です。笑

 

冗談はさておきここまでが、江戸時代に将軍の居る江戸城(現皇居)を衛る防衛線である外濠(そとぼり)でした。

人口的につくられた浅草橋~飯田橋までの濠ですが、その際にでてきた土を東京湾の埋め立てに使用し、できた土地が今の築地です。

 

そして飯田橋の交差点にある、一風変わった交番

後楽の交番といわれる1990年代に竣工した建築家、安田 幸一の作品です。

交通量の多いこの交差点で音を遮断しつつ、光を取り入れるというコンセプトでつくられたとか。

 

脇道にそれましたがここから水道橋分水路となり

江戸川橋分水路の方向に進みます。

大曲というここで江戸時代に神田川が大きく曲がっていたという理由でつくられた場所(地名というのは世界中案外こんなシンプルな理由でつけられているのでしょうか)に

かかった白鳥橋からの景色

上に見えるのは

1960年代カウンターカルチャーの象徴ともいえるウッドストック・フェスティバルが開催された1969年開通の首都高速5号線。

そういわれるとロック感がほとばしっております(多分気のせいです)

 

 

このあたりから川沿いの路地を走ることができます。

小桜橋から

左奥のTOPPANの文字が見えたあなたは視力オスマンサンコンさん並

 

ではなく、神田川沿いには製紙工場、印刷会社、製本会社などの紙に関する会社が多いのです。

これは水運が紙の産業の発展をもたらした、わけではなく

 

単純にこの辺に明治の頃、最大手の印刷会社が京橋から移ってきたため、それに付随して紙関係の会社、工場が増えたそうです。

 

写真を撮っていると僕らの自転車を物珍しそうに見ていく老夫婦。

もしかしたらお二人は大正からこの神田川を眺めていたのかもしれませんね。

すいません。平成はこんなタイヤのぶっとい自転車が走っています。笑

 

そうこうしている間にあっという間に江戸川橋

 

ここからはお待ちかねのソメイヨシノの桜並木が続きます。

 

 

今は(2月中旬)はまだつぼみは固く閉じて春を待ちわびていましたが3月20日には結構な景色になっているはずです。(なっているといいな)

こればっかりは天候次第ですので神のみぞ知る、ですね。

 

 

想像してみてください。

この枝すべてが桜の花で覆われた景色を、観られたらこれだけでこのライドに参加したかいがあるというもの

 

そして高田馬場にぶち当たり、少し西武新宿線と並走すると

神田川の支流、いよいよ妙正寺川に入ります。

ここが神田川と妙正寺川が落ち合う場所「落合」です。

ここまでくるとかなり川の幅も狭くなり

 

 

マンションの立ち並ぶ路地を抜けると

唐突に

二葉苑に到着です。

今回はこちらで江戸更紗の型染めという技法を体験します。

 

二葉苑は1920年から続く由緒ある染色工房で、

江戸時代からの確かな染色技術を受け継ぐ職人さん達からレクチャーして頂きます。

工房の横には妙正寺川が、せせらぎの音が心地よいです。

早速中に入ると職人さんが型を切り抜いていました。

極みの作業。

実際の染色は↓の板の上で行います。

半反(約5.7M)の長さで一枚ものです。

どうやって1反の着物を染めるかはライドに参加されてからのお楽しみ。

 

実際に染められた江戸更紗はこちら

着物一人分に必要な長さがちょうど1反

これ、やってみるとわかるんですが、この細かさの型を寸分の狂いもなく、にじみもなく染め上げるっているのは至難の業です。

自然に感嘆の声が漏れます。

職人さんすごい。。

そしていよいよ職人さんと一緒の道具、材料を使って染めていきます。

こちらのオーガニックな染料を使い

こちらの京都で一つ一つ手作りの刷毛で染めていきます。

ある動物の毛を使っているのですが、こちらもライドに参加してのお楽しみ。

バックの材料のスウェット生地を染めていきます。

板の上にはあるオーガニックなモノが塗ってあり、水を濡らすと糊代わりになってピタッとくっつきます。

あるモノもライドに…(以下略)

さらに養生テープで周りを固定し、型紙を置いてこちらも固定し刷毛に染料を付けて当たるか当たらないかの力で優しく左右にふります。

一度摺ったら型紙をめくって確認。

全然染まっていません。汗

3回ほど優しく左右に

これで型紙1枚染色完了です。

この後30枚近い型紙を指定された色で同じように地道に染めていきます。

何度も摺っては、確認、摺っては確認を繰り返し

少しづつ形になっていきます。

色が増えると綺麗ですね。

この後も重ねに重ね

やっと全部の型紙を摺り終わります。

遠目だと綺麗!

近くで見るとにじみが目立ちますが。。大汗

最後に専用の蒸し器で15分蒸して色を定着させて

完成です!

ただ、この型紙だとあまりにも時間がかかってしまうので

当日は

もう少し簡単な図柄で摺って頂きます。

そして

この後ランチを挟んで

一路、桜並木を走り新宿Repreさんに!

とここまで書いて疲れてきた&読んでいる皆様も飽きて来た頃だと思いますのでバック製作模様は当日のお楽しみ!

※決して手抜きではありません。笑

 

約2時間のワークショップを終えてできた完成品がこちら!

ドン!

 ナップサックです。

デザインのポイント、ブタ鼻は浅草の革です。

紐部分は強度のあるテントのリフレクター仕様のロープを使い暗い夜道も安全。

そしてドン!ドン!

サコッシュです。

財布とスマホ、ちょっとしたおやつを持って自転車に乗るときはサコッシュが便利です。

ショルダーは革(別途)に変更も可能です。

染色がわかりやすい生地だと

女の子がこんなサコッシュもって自転車乗っていたら、追いついて告白しちゃいますよ。

※本当にやってお巡りさんにお世話になっても責任取れません。

そして最後は

ドン!ドン!ドン!

流行りから定番になった感もあるクラッチバック。

自転車から降りてちょっと綺麗なお店に入るときはこのスタイルで。

さあ、長ーくなりましたが、

自転車で走って、世界に一つだけのバックがつくれて、花見ができて、の素敵イベント!

ぜひご参加くださいませ!

最後にこんな長いブログにお付き合いくださいましてありがとうございました!

参加したい!っていう方!イベント詳細はこちら

皆様のご参加心からお待ちしておりまーす!!!!!!!

2017.2.16 written by Ikkei

COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE Report part2

Language:English,Japanese

这个博客是关于在一月二十九号举行的COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE的。
上一个博客上我介绍了沿着河边走到东向岛做皮革杯子套和在汉堡餐厅吃午饭的情况。

吃午饭后,我们去了清澄白河。

对了,我一直写体检的情况但是原来我们是骑游的导游员。参加者的安全是最重要的。所以我们经常选择没有车,人不多的小巷。
看看这个动画片吧!

到了清澄白河。我们周游几个咖啡屋。清澄白河以咖啡屋闻名的地域。

先参观ARISE COFFEE ROASTERS。
IMG_5448

在清澄白河里最舒适的商店。成员都是友好,像CHARI YA TOKYO一样嘛。
听说他们是在那边最老的咖啡烘焙处。
DSCF9500

这个烘焙处经常卖十多种个咖啡豆。那天,他推荐了草莓香的咖啡豆。

下一个是
Allpress Espresso。

IMG_5450

他们从新西兰来的专家咖啡烘焙屋。
在商店里有桌子一点儿桌子和咖啡柜台。

DSCF9514

他们陈列咖啡豆陈列得好看。

DSCF9504

哪个咖啡豆都能买。

DSCF9517

最后得商店是

THE CREAM OF THE CROP COFFEE

DSCF8894

他们从2012年在清澄白河开始烘焙咖啡。可以说他们是日本烘焙咖啡屋的开拓者。
我不会拍商店里边的照片,应为有很多从国外来的观光客的在商店。真不好意思。

我们周游这些烘焙咖啡屋买了自己喜欢的咖啡豆。
那么,咖啡小息吧!!

在河边停车,准备煮咖啡。
参加者都开始把自己买的咖啡豆研磨。
DSCF9530

有的参加者是初次研磨咖啡豆。

男人应该不断地帮助女人。
DSCF9529

他是好模范。

咖啡豆都研磨好了。杯子套也合适!

DSCF9538

热水也准备好了。
DSCF9537

马上冲咖啡。

P1060058

用刚刚做的杯子套吧!
DSCF9545

往杯子里斟上咖啡。
IMG_5454

用杯子套是特别方便。应为谁都容易找到自己的杯子。

在聚餐会用也好用。

IMG_5456

河边一带充满了咖啡的香味。
P1060062

当然最重要是您会觉得好喝。但是有很多种的冲咖啡方式。这次我教给他们正统的方式。
没想到他们都苦战了,应为这个方式需微微动作。
P1060090

他把他的左手顽固地放在口袋里哈哈。
P1060077

Keisuke不断地烧开水。谢谢。
他们经常在家冲咖啡,一直喝我们冲的咖啡,而且一直谈谈话。
よくコーヒーを自宅でも淹れるというお二人は、我々が淹れたコーヒーをただただ楽しむという事にストイックに徹しておりました。

P1060096

我们都不知道他们谈什么。真两人世界。

楽しすぎて、散々コーヒーを飲み、大幅に時間をオーバーし(汗)、やっと蔵前に戻ります。
P1060115

看一看,再没有车,人不多。

终于本日最后的体检。
我们到了SOL’S COFFEE ROASTERY

IMG_9525

立刻开始意大利浓缩咖啡&拿铁艺术WORKSHOP。

IMG_9446

她是SOL’S COFFEE ROASTERY的Arai先生。她是SOL’S COFFEE ROASTER的老板也是咖啡专家。她给说明了我们什么是意大利浓缩咖啡。

IMG_9456

他们都认真地听她的说明。

IMG_9458

她说在意大利浓缩咖啡方面,重要是crema,body和aroma。
IMG_9462

看他们没有了解那么清楚哈哈。
Don’t think, feel!! 先体检冲意大利浓缩咖啡吧!
把已研磨的咖啡豆放在porter filter里,按电钮。尽管那么说,听得容易做的难。
他们都又苦战了。
IMG_9474

Arai先生在旁边纤细的解释。
IMG_9475

她第一次冲意大利浓缩咖啡。

IMG_9481

然后做蒸汽牛奶。
IMG_9482

到大概六十五度用蒸汽把牛奶不断地搅拌做细小的跑(Foam milk)。
其实,这个工作也特别难。
IMG_9489

Arai先生说,那么,就做吧。她真是严格的老师哈哈。

体检者开始斟上。

IMG_9492

当然失败。看他们两个好像说哎呀哈哈。

IMG_9495

别的人也失败了,应为他们都第一次冲意大利浓缩咖啡。

DSCF9585

但是失败是精神食粮。

DSCF9587

第两次是。。。
IMG_9550

太棒了!不够Foam milk但是可以看见红桃。
IMG_9552

应为这个拿铁是自己冲的。肯定好喝。

IMG_9501

看看他们画的拿铁艺术,
IMG_9561

每个人有每个人的味道。
P1060152

如果您在咖啡屋看拿铁艺术的话,应该感谢和尊敬拿铁艺术的手艺人。

最后,我们两个CHARI YA TOKYO的成员也体检拿铁艺术。

先Keisuke

他也挑战了画红桃。但是他画的是好像鳉哈哈。

 

 

然后我的挑战。
我有了自信,应为我以前在咖啡屋工作。
请您们看我的拿铁艺术↓

 

 

 

 
P1060159

真不好意思。我退步了很多。

看不出来这是红桃。

我应该再努力啊。

体检都结束了。我们回去我们的办公室。

最后,再拍一站吧。
不好意思。两个参加者已经回家了。

IMG_9583

多谢您们参加我们的特别活动!!!

对于,我们的下一个活动是
在三月二十号

HANAMI &3WAY BAG WORK SHOP RIDE」

https://goo.gl/xJw6Bh
请您随便参加我们的活动吧!
以后我们在Blog和facebook上介绍这个活动的详细。

謝謝看到最後。

written by 1K

COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE Report Part1

Language:English,Japanese

在一月二十九号,我们举办了这个COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE。
原来我们打算了举行在一月上旬。不过因下雨,活动可惜地延至二十九号举行。我们举行什么活动的时候经常下雨。我不知道谁,但是在CHARI YA TOKYO里肯定有招雨的人。。。。其实,东京的冬天是差不多晴天。

那么让我介绍这个活动的情况吧。

从八点半开始报名。
参加者都在CHARI YA TOKYO集合。
IMG_5421

参加者都需要签名我们的誓约书。
那天报名处在外边。下一次我们应该在办公室内报名。应为太冷了。

希望租自行车和安全帽的参加者去安排自行车和安全帽
看参加者身高,我们安排最好的自行车(Rockbikes)。

安全帽(bern)有四个尺码。DSCF6472您可以选择对您最合适的安全帽。

准备都好。终于出发吧!

P1060005

别忘记。拍一张照片。

DSCF9295

看不到我们的旗帜应为很多人参加这个活动。
真感谢!

天气好!我们骑在没有汽车的路线。
DSCF9307

看这个照片,觉得阴天吗?
不是!真的晴天。刚才我说天气好。真的真的!!

痛快地骑一忽儿就到了皮革手工艺品的工作室
这个工作室在东向岛。这个地域以复杂的胡同而有名的地方。好想一般的人都不能倒这个工作室。用地图也很难哈哈。
DSCF8792

在工作室里有很多皮革!!

来啊,开始做皮革杯子套吧!
IMG_9338

他是内田先生,第三代老板而手艺人。他不但教怎么做杯子套,而且东向岛的历史。

DSCF9325

先选择您喜欢的皮革和纽扣。
DSCF9328

激烈的选择竞赛哈哈。

P1060012

很多皮革令人头疼。DSCF9338

这个工程叫nen wo ireru。意思是用心。

DSCF9340

IMG_9346
在皮革手工艺的世界上,这个工程是像女性的化妆一样的工作。在皮革边上划线,把皮革的表情丰富。说真的,这是最难的工作。

然后,刷皮革边。
IMG_9350

下一个是用纸型作个记号。
P1060023

作个记号就用榔头开洞。

P1060024

打一打!

P1060025

开洞了后把纽扣安在皮革上。

P1060027马上完成。
DSCF9398

已经充满新意的作品。但是还要追求独创性。

P1060039

DSCF9421

有人在皮革上刻印记,有人开洞。

P1060037

每个人都随便地做自己的杯子套。

DSCF9425

HAVE A GOOD COFEEE

DSCF9426

这种样子也很酷!

IMG_9369

DOPING TIME!

顺便说一下,

DSCF9431

这个杯子套还可以用手镯! 而且如果您喜欢骑自行车的话,可以用裤脚带。

第一的WORKSHOP结束了。
再拍一张。

IMG_9377

最好的笑颜!
我们去清澄白河。

IMG_9383M

等一下,先吃午饭吧。
我们去了汉堡包的餐厅。这个餐厅在仓前刚开业,大家都议论的餐厅。

IMG_9386

DSCF9450

点了不久,汉堡包就来了。

DSCF9455

看他们都饿了。

IMG_9405

马上就开始吃。

DSCF9469

还有别的照片。
从纽约来到的参加者说日本的汉堡包跟美国的一样好吃。
IMG_9427

这是天妇罗汉堡包。

DSCF9480

吃得很难。应为很大哈哈。DSCF9485

大家都吃饱了。
终于去清澄白河把!

但是这个博客已经很长,下一次我再写情况。
在清澄白河我们周游咖啡屋买卖几种咖啡豆。买了豆以后在外边马上煮咖啡。
最后学习意大利浓缩咖啡的煮办法。

謝謝看到最後。
再见!!