COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE Report part2

去る1月29日に開催された

新春!はしご珈琲&はしごワークショップライド、レポートの後半です。

川沿いを走って、オリジナルのカップスリーブをつくって、ランチのハンバーガーを食べ終わった

前半はコチラ。

蔵前から一路、清澄白河へ!

ワークショップの事ばかり書いていますが

CHARI YA TOKYOは自転車のガイドのプロです。
車がほとんど通らない路地、歩行者が少ない広い歩道、グーグルマップに出てこない道を何度も試走を繰り返してライドのコースを決定しています。

約1分半の動画の間に1台も車とすれ違っていません。笑

あっという間に清澄白河に到着し

まずは
The first one is ARISE COFFEE ROASTERS

IMG_5448

こちらこの日で一番アットホームな焙煎所。

ファンキーで気さくな店主(オーナー)が出迎えてくれます。

CHARI YA TOKYOの雰囲気に近いですね。

この後登場する焙煎所の最初のロースターだったとか

DSCF9500

スケーターのオーナーはこの日イチゴの香りがする(!!)ドミニカの豆を激押ししてくれました。笑

常時10種類以上の焼きたての豆をご用意してくれています。

次の焙煎所は
Allpress Espresso

IMG_5450

起源はニュージーランドからやってきたロ焙煎所です。

エスプレッソのスペシャリストでもあります。

店内は少しの座席とカウンター、あとは基本焙煎所。

DSCF9514

豆の陳列もスタイリッシュ!

DSCF9504

気に入った豆を選んでスタッフさんに声をかけると出してくれます。

DSCF9517

そして最後は

THE CREAM OF THE CROP COFFEE

DSCF8894

T2012年に初めて焙煎所を清住白河で創めた先駆者的存在。

今のサードウェーブコーヒーの隆盛はここから始まったと言っても過言ではないお店です。

工場内は人で溢れすぎて(ほぼ中華圏の方)写真は取れませんでした。汗

この三か所を周って各自お好きな豆をチョイスした後

お楽しみの試飲タイムです!

ほど近い川原に自転車を止め

サクサクと準備している間に参加者の皆様には淹れたい豆を挽いてもらいます。
DSCF9530

初めて豆を挽く方もいらっしゃって、結構力がいる事に驚かれていました。

そういう時にスッと手伝える男になりたいものです。
DSCF9529

あ、居ましたね。笑

何とか全部挽けました。カップスリーブ兼バングルがバッチリお似合いですね。

DSCF9538

そうこうしている間にお湯も沸いたので
DSCF9537

早速淹れていきます。

P1060058

つくったばかりのカップスリーブも早速装着!
DSCF9545

淹れ終わったら濃さが均一になるように攪拌しつつ、少しづつカップに注ぎます。
IMG_5454

カップスリーブを付けると、2杯目以降もあれ?これ自分のだっけ?となりません。笑

パーティーでも使えそうですね。

IMG_5456

コーヒーの香りが立ち込めます。

2杯目以降は皆さんでドリップ体験です。
P1060062

ドリップコーヒーのお湯の注ぎ方は所説あり、何が正解かって、結局自分が美味く感じればなんでもOKだと思っているんですが、今回は限りなくオーソドックスに近い淹れ方をレクチャー。

案外みなさま少しづつ中心に手首を使ってお湯を注ぐことに苦戦していました。笑
P1060090

かたくなに左手をポケットに入れたまま注ぐお客様。笑
P1060077

後ろで大至急お湯を沸かし続けるKeisuke。多謝。

よくコーヒーを自宅でも淹れるというお二人は、我々が淹れたコーヒーをただただ楽しむという事にストイックに徹しておりました。

P1060096

コーヒーを渡すとき以外誰も近づけませんでした。笑

楽しすぎて、散々コーヒーを飲み、大幅に時間をオーバーし(汗)、やっと蔵前に戻ります。
P1060115

これまた、全く車も歩行者もいない道ばかり。

そして、本日最後のワークショップ会場

SOL’S COFFEE ROASTERYに到着。

IMG_9525

早速エスプレッソ&ラテアートワークショップの始まりです。

IMG_9446

オーナーでありバリスタのアライさんがエスプレッソとはなんぞやという事を説明してくれます。

IMG_9456

熱心に聞き入る参加者の皆様。既に自分が使うカップにはスリーブが装着されているところが素晴らしい。

IMG_9458

エスプレッソのクレマ、ボディ、アロマがエスプレッソにとってどんなに大切さを力説するアライさん。
IMG_9462

あ、うん、ちょっとわからないかも。。といった皆様。笑

四の五の言ってもあれなんで、とりあえず順番に落としていきましょう!

とはいえ、ポーターフィルターに予め極細に挽いてある豆を適量淹れてタンピングしてボタンを押すだけなんですが、実は結構繊細な作業で
IMG_9474

アライさんが隣で手取り足取り教えてくださいます。
IMG_9475

初めてのエスプレッソ抽出

IMG_9481

ミルクをスチームします。
IMG_9482

最初に泡をつくり、その後泡を65度前後になるまで攪拌してできるだけ細かい気泡(フォームミルク)にします。

これも実は結構難しいです。言葉の説明だけでいきなりやらせるアライさんは結構鬼軍曹並みのスパルタ。笑

スチームミルクの注ぎ方も迅速かつ的確にレクチャーしてくれます。

IMG_9489

じゃ、やってみて。

素晴らしいスパルタです。不安げに注ぐKさん

IMG_9492

当然失敗します。笑 二人の表情からあちゃーと聞こえてきそうです。笑

IMG_9495

皆様、ほぼ例外なく1回目失敗です。

DSCF9585

ただ、皆さま、自分だけではなく、他人の失敗も糧にして

次の自分の順番が回ってくるまで、ずっとイメージトレーニング。

DSCF9587

2度目のチャレンジは…
IMG_9550

素晴らしい!フォーム自体を早めに入れすぎてしまった為カップギリギリまでは来ていないですが、小さい可愛いハートができています!
IMG_9552

自分で落としたエスプレッソ&注いだカフェラテは特別美味しいですよね。

IMG_9501

こうやってみると、
IMG_9561

人それぞれ色んなラテアートを

描いています。
P1060152

お店で描いてもらうラテアートのすごさ&奥深さを身をもって体験していただきました。

最後に参加者の皆様から散々周りからはやし立てていた(笑)CHARI YA TOKYOのメンバーもやってみろというご要望を頂きまして

まずはKeisuke

メダカみたいなラテアート。モネってなんですか?笑

もしやクロード・モネの睡蓮の事をいっているのかな?

本人のみぞ知るです。笑

 

 

そしてエスプレッソを落とすのが2年以上ぶりとなるわたくし1K
歓声を受けてドヤ顔で完成させたラテアートがこちら↓

 

 

 

 
P1060159

やった直後はアドレナリンでドヤっていましたが、冷製に観るとまあ、口ほどにもない。笑

ピッチャーを揺らしているつもりだったんですが、ただ震えているだけの人ですね。笑

おまけにおまけをエベレスト級に積み重ねやっとハートに見える程度。

精進いたします。大汗

この後路地を通り抜けてCHARI YA TOKYOに戻り

これにてライドは終了!

最後は記念撮影!

※お二人が時間の関係ですぐに帰ってしまった為写っておりません。汗

IMG_9583

ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました!!!

次回のイベントライドは

3月20日(月・祝)に

「桜前線直前!?」お花見&3WAY BAG WORK SHOP RIDE」

https://goo.gl/xJw6Bh
の開催が決定しておりますので是非皆さまお誘いあわせの上、自分と家族、友達、その他の人のスケジュール帳に予定を書き込んでくださいませ!

詳細は近日中にBlog,facebookで発表いたします!

それでは長文にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

written by 1K