COFFEE & WORKSHOP HOPPING RIDE Report Part1

さる1月29日(日)

一度は2017年初めての雨で延期になった
※CHARI YA TOKYOはイベントごとをすると強力な雨男がいるからかかなりの確率で雨が降ります。
新春!はしご珈琲&はしごワークショップライドがなんと!見事晴天の中開催されました!
※日本の冬はほとんど晴れです。

その一部始終を綴っていきます。

例によって長いので前半後半に分けていきます。

まずは

8時半から受付開始!

続々とお越しの参加者の皆様。

IMG_5421

誓約書の記入をお願いします。書いた方から暖かい店内へ。

わたくし、3秒で野外で受付したことを激しく後悔しました。

早朝極寒の中、外での受付はもう二度とやりません。笑

レンタルサイクルの方、レンタルヘルメットの方はこの後フィッティング。

自転車(Rockbikes)は身長を事前にお伺いしているのでサイズはバッチリのモノをご用意しております。(案外知られていませんが自転車のフレームには身長を参考にしたサイズがあるのです)

ヘルメット(bern)は4種類のサイズから選んで頂きます。普段着でも自然に溶け込むヘルメットです。

DSCF6472これは実際にかぶって頂いて調整。

準備ができたら各自自分の愛車 or レンタサイクルにライドオン!!

P1060005

今回は本当に皆様時間に余裕をもって来て頂き定時にスタート!

の前にお店前で記念撮影!

DSCF9295

CHARI YA TOKYOのフラッグは見事に隠れてしまっておりますが、そこもご愛敬。笑

初詣は全員済ませた(FROM NYのKさんさえ済ませていた)とのことなので省略。笑

CHARI YA TOKYO得意の歩行者か自転車しか通らない橋は

この日も気持ちよかったです。

DSCF9307

え、思いっきり曇っている?いや、ここだけですよ。周りは晴天でした。いやホントに。。いや、ホント。大汗

ほとんど自動車とすれ違うことなく

小説家、永井荷風がラビラント(迷宮)と称した

東向島の皮工房サトウ商店に到着。

ガイドなしには絶対にたどり着けない工房です。笑

恐らく参加者の皆様も例えグーグルマップを使っても後日たどり着くことは相当難しいと思われます。

DSCF8792

そんな普段は職人さんしか入れない秘密の場所。右を向いても左を向いても革!革!革!

さあ、早速一軒目のワークショップ開始です!

IMG_9338

3代目の内田さんが東向島の歴史から懇切丁寧に教えてくれます。

DSCF9325

裁断された革とギボシ2つを選びます。この組み合わせだけでも

すでに世界に1つだけのカップスリーブ感!

DSCF9328

革の材料をめぐる血みどろの争いがスタートです。(嘘)

P1060012

この中から一つ。。一番の悩みどころです。DSCF9338

上級者はヌメ革を選ぶ傾向があります。

選び終わったら今度は「念を入れて」いきます。

この念を入れるという作業、本来は十分に注意して物事を行動に移すという意味なんですが

DSCF9340

IMG_9346

レザークラフトの世界では女性のメイクのアイラインのようなもの、一本の線がグッと表情を引き締めます。実は今回のワークショップで一番難しい作業なのですが、みんなでやれば笑顔もこぼれます。

上級者はサクッと終わらせてコバを仕上げます。この作業によって端っこの強度を上げます。

IMG_9350

お次は型紙を重ねて「当たり」をつけて穴をあける位置に少し傷をつけます。

P1060023

あとはポンチと言われるレザークラフトではド定番の道具を使いハンマーで打つべし!

P1060024

打つべし!

P1060025

無事穴が空いたら大きい穴の方にギボシを付けて、

P1060027あっという間に形になってきました。

DSCF9398

既にオリジナル感がそこはかとなく漂っておりますが、ここからが更なるお楽しみ!

A~Zまでの刻印を使って P1060039

DSCF9421

思い思いの文字を刻印したり、様々な大きさのポンチを使って任意の場所に穴をあけたり

P1060037

もうそこはフリーダムの世界!!!

DSCF9425

HAVE A GOOD COFEEE

DSCF9426

シンプルにお名前だけやランダムに開けた穴もカッコ良い!

IMG_9369

DOPING TIME!パンクです!

他にもなぜか北斗七星を打ち込んだ方もいらっしゃいました。
※ケンシロウのファンではなく北斗の拳すら知らないそうです。笑

ちなみにこのレザーカップスリーブ

DSCF9431

手首に巻いてレザーバングルに!人にもよりますが足首に巻いたら自転車に乗る際の裾止めバンドにもなるかもですね!

なんて機能的&洒落が利いている!

考えた内田さん、天才です。

1軒目のワークショップ終了でみんなでパチリ。

IMG_9377

最高の笑顔頂きました!ここでもう朝の緊張感はどこへやら。

さあ!早速カップスリーブを使うために一路清住白河へ!

IMG_9383M

の前にお昼時になったので

最近蔵前にできた話題のダイナーでランチです。

IMG_9386

ROCKなお兄さんが次から次へとくるオーダーに忙しくハンバーガーをつくっているんですが、ROCKな見た目とは裏腹に非常に丁寧な接客。

忙しいときほどお店の真価が問われます。非常に勉強になります。

外で少し待ってから、2階に入店。

普段はバラバラの席なんですが、気を利かせて全員が座れるように整えてくれていました。ああ、これぞ日本のおもてなし!!

DSCF9450

ほどなくしてハンバーガーが次々に到着!

DSCF9455

ワークショップ&待っている間漂う美味しそうな匂いで腹ペコ状態だったようで

IMG_9405

一心不乱に喰いつきます!

DSCF9469

別角度でどうぞ。

 

ニューヨーカーのKさん曰く日本のハンバーガーはNYに全く遜色ないとのことです。

IMG_9427

本場の喰べ方勉強になります。

下町蔵前らしい天婦羅バーガーは圧巻の迫力!

DSCF9480

喰べるのにも相当なパワーが必要です。笑DSCF9485

そんなこんなでお腹も一杯になり

いざ清住白河へ!

 

とこの続きは後半で。。。。

後半は清住白河の焙煎所で焼きたての豆を購入してすぐに河原で淹れて、蔵前に戻りラテアートのワークショップ。

コーヒーまみれの一日はまだまだ続きます。

乞うご期待!!