RIVER SIDE RIDEのすすめ

CHARI YA TOKYOは

比較的中華圏の20~30代くらいの若者の

ゲストが多いのですが

先日RIVER SIDE RIDEをご案内したゲストは

日本から非常に遠い、アイスランドから少しご年配のご夫婦でご参加いただきました。

世界各国のサイクリングツアーをご経験なさっているという事で

負けてなるものかと、我々も大変気合いが入りましたね。笑

アジア人に比べ体格が大き目なので

CHARI YA TOKYOでご用意している自転車の中でも一番大きなフレームサイズをチョイス。

CHARI YA TOKYOでは自転車に乗り慣れていない方のために

路地や車ができるだけ通らない道を選んでおりますので

安心、安全です。

隅田川を横目に見ながら気持ちよく走ったり、場所によっては押して歩いたり、

今回はゲストの年齢に合わせて歴史、文化のお話を多めにいたしました。

そしてあっという間に築地に到着。

知る人ぞ知る築地の名店でランチ。

ここでもご満足いただけました。

この後、東京タワーの予定でしたが、築地をゆっくり周りたいという事だったので歩いてご案内いたしました。

そして、いよいよ船に乗り(自転車と一緒に)お台場へ。


車と全く干渉しない秘密の道を使ってぐるっと一周。

アイスランドではガンダムよりトランスフォーマーの方が有名だそうです。笑

国際展示場に着いた時点でちょっとお疲れだったので

コンビニでお水を買いつつ、チョコレートをサービス。

手前味噌ながらKeisukeやるな!と。笑

これぞ日本のおもてなし。

小休憩後、東京を一望できる絶景のパノラマへ。

ちょっとした坂だったんですが、その景色に笑顔がこぼれて一安心。

最後の銀座~日本橋ときて、本来は幹線道路を直進するんですが

お疲れ具合と土曜日に参加した別のサイクリングツアーで大通りばかりで怖かったと伺ったので

少しお時間がかかることを了承頂いたうえで

路地裏をチョイス。

最後に、築地でご主人が包丁を興味深く見られていたので

合羽橋の名店、釜浅商店へご案内。

色々と購入されて、大変喜んでいただきました。

と、これでCHARI YA TOKYOに戻ろうと

したところ、先日上野で飲んだサイフォン式のコーヒーが忘れられないという事でどこで売っているかとおっしゃられたので

ここまで来たらと。

コーヒーの事ならなんでも揃うユニオンへご案内。

必要なもの、使い方もすべて通訳しご購入。

無事にCHARI YA TOKYO帰着後には

最高の一日を過ごせたとお褒めに預かりました。

次の日に早速当店のFacebookに最高評価のレビューを頂き

その方の個人ページを拝見したら…

なんと!

アイスランドのとある市の市長さんでした!!汗

そんなこと一言も仰ってなかったので、本当にびっくり!

Ísafjarðarbærの皆様、東京にお越しの際は

市長のお墨付きのCHARI YA TOKYOを

是非ご利用くださいませ。笑