A-ROUND『皮から革へ~革小物もつくれるよ~』後編

Language: 中文

前編はコチラ

後編は

工場見学を終えて、浅草へ向けて再出発。

img_6674

ですが、すでにお昼時、腹が減っては戦はできぬと

東向島が誇る大人気のパン屋さん

「カメヤ」さんで美味しいパンを買い込みます。

女性陣、明らかに食べきれない量のパンを購入。

思えばこの時すでに、怒涛の買い物欲の火がついていたのかもしれません。

運よくイートインスペースのテラス席が空いていたので

皆で美味しくいただき、

img_6683

その後は、これから作るブックカバーワークショップの作戦会議。
※案の定女性陣は大量にパンを持ち帰ることになりました。笑

お腹も一杯になったところで

全く車が通らない橋を使って隅田川を渡ります。

広い道を颯爽と走るのは本当に気持ち良いです。

img_6695

浅草に着いたらまずは、革を仕入れます。

1件目は富田興行さんへ。普段は完全に卸業なので小売りは一切やっていません。

皮が革になる過程を実際に見学してからの

大量の革を見て大興奮の皆様

img_6699

さらにここで革の詰め放題500円という目玉企画を見つけてしまい、くぎ付けです。

袋も大きく、心行くまで革を選び全員分の革と夢を詰め込みます。

img_6703

これだけ買っても500円

割り勘にすると一人百円以下になるので

ここは日本の伝統芸能(?)男気じゃんけん(勝った人が全額払う)で決めます。

結果…

 

14628023_941464689292115_429522888_n

やりました!ガイドのKeisukeが自腹!

図らずして革代もツアー費用の中にインクルーズ。。。笑

そして2件目

奥浅草は革産業が密集しているので、路地をまったり走っていきます。

数分で大久保商店さんへ。

img_6714

世界に一人だけしかいない専門の職人さんがスキモレザーという

革製品を置いてあります。

こちら全ての商品が一点ものとなっております。

つくり方を簡単に説明すると

数十枚もの革を張り合わせて、それを角度を変えて薄く漉いていきます。

img_6727

口で言うのは簡単ですが、膨大な時間と手間、経験が必要です。

img_6736

このスキモレザーを使って、A-ROUNDの為に革の家を製作していました。

img_6718

これ全部革。にわかには信じられません。

img_6724

ドアを開けて、中を見ると絨毯が…

img_6721

もう意味わかりません。ここまでくると良い意味で変態です。笑

既にブックカバーの素材をゲットしているので

スキモレザーを使った小物やお財布などをゲット。

ここで完全に金銭感覚が崩壊。お財布の紐が緩みっぱなしに。笑

そんな状態のまま
革の仕入れの最後は「革の広場」へ。

img_6711

小さい工房が公園に出店しています。

製品、素材と丁度良いサイズ感、かつ上質な革が販売されています。

img_6751

勿論ここでもどんどん買いますね。

img_6754

まさかのイベントを根底から覆す、ブックカバーを購入という暴挙にでようとしていたり、笑

img_6748

もしお金が無くなったら車を売ればよいそうです。安心ですね。笑

img_6762

男性陣はというと女性陣の購買意欲に完全にのまれておりました。。笑

ガイドのKeisukeの仏頂面は演出です。悪しからず。笑

img_6761

そして、最後に針と糸を購入するために「マモル」さんへ。

革の街、浅草ですからもちろん

ここでも店頭に革が…

ご参加のTさんSAY

「まだ買わせるんですか?」

img_6767

もう今日なら結構怪しい壺でも革を使っていたら勢いで買っちゃうんじゃないかと。笑

img_6772

結局こちら購入していました。笑

もうバックもパンパンです。

img_6783

 

とはいえ、チャリだからこの距離感でも小回りきくし、どこでも止まれるし、いいことづくめ。

img_6773

 

さあ、材料をすべてそろえたところで

img_6784

残るは最後の目的地「モノづくり工房」にてブックカバー製作!

img_6788

 

買ってきた革の中から自分の革を探し出し

img_6793

 

裁断作業。機械好きにはたまらない工房

img_6804

 

こういう時のBGMって結構大事。

img_6807

奥でふんぞり返っているのが、本日のガイド兼ワークショップ講師Keisuke
※演出です。

img_6825

穴をあけて

img_6835

糸を針に通したら

img_6847

img_6849

これだけで画になりますね。

img_6863

あとはとにかくひたすらに縫うのみ!!

img_6851

 

img_6839

でもせっかくだから楽しみながらね。

img_6853

今日一番の笑顔頂きました。

img_6859

最後は糸をライターであぶって固着させます。

img_6875

あっという間に予定製作時間2時間に…

間に合わなかった人は…

 

 

CHARI YA TOKYOで居残り。笑

img_6888

最後には皆様大満足の出来で記念撮影

img_6914

 

 

といったところで近年稀にみる充実な一日が終了。

想像をはるかに上回って楽しかった&楽しんで頂いたので

A-ROUND以外でも開催しようと企んでおります!

このブログを読んで興味ある方は、またfacebookページで告知いたしますので

いいね! or こまめなチェックをお願いいたします!

◆OFFICIAL HP◆
http://chariyatokyo.jp/index_jp.html