無いものはつくるCHARI YA TOKYO

Language:中文

CHARI YA TOKYOでは

ありがたい事に

香港や台湾からのお客様もcycling tour(サイクリングツアー)のお申込みを頂いておりますが

特に香港のお客様は

お国柄、道路が安全に自転車で走れる環境ではないため

幼少の時に公園で補助輪付の自転車に乗ってから

その後、乗ったことがないという方(特に女性)が

多く、ドロップハンドルの狭いハンドル幅が

怖いというご意見を頂いたので

melancholy、2台をドロップハンドルからフラットハンドルに変更いたしました。

どのくらい狭いかと言うと

このくらい。

img_4087

数値だと13.5㎝

いわゆるママチャリしか乗ったことがない方だとバランスをとることが結構難しいみたいです。

安全第一CHARI YA TOKYOは早速フラットハンドルにちょちょいとブレーキを外してハンドルを差し替えます。

img_4041

だがしかし、ここで一つ問題が…

ブレーキがドロップハンドル用なので

フラットハンドルだと直径が2㎜ほど足りないのです。

無いものは作るがモットーのCHARI YA TOKYO

困ったときのグーグル先生に聞いてみたら

アルミ缶を切って巻き付ければOK!と書いてあったので

丁度スタッフが飲み終えたコーヒーのアルミ缶を切断。

…しばらくやって気が付いたこと。

アルミ缶薄すぎ。。

何重にも巻き付けても一向に2㎜に達する気配がありません。笑

2㎜ってこんなに厚かったっけ??

しかも、固定するために強く締めるとちぎれてしまう始末。

らちが明かないので、再度グーグル先生にお尋ねします。

30秒ほどで1㎜のアルミ板を切断して作るという画期的な方法をゲット!

なので最早ないものはないのではないかと思われるamazonにて早速購入。

これを

img_4040

カッターでしこしこ細工しまして

img_4039

くるっと巻いて直径+2㎜の完成です。

img_4050

さあ、いざ、装着。

img_4049

ばっちり固定できました!!

試しに乗ってみましたが、快適です。こんふぉーたぶるです!!
ちなみにブレーキ幅は倍以上の27.5㎝。

全てパーツは黒で統一したのでクールさは失わず快適性は格段に上がりました。

身長155cm~170cmの方向けの自転車ですので

お気軽にご指定下さいませ。

今回の費用
ハンドル1500円、グリップ1000円、アルミ板361円×2台分

取り外したドロップハンドルは

しっかりヘルメット掛けとして生まれ変わりました。

s_4898279831538

CHARI YA TOKYOはcycling tour guideサイクリングツアーガイドです。

工務店ではありません。笑

それでは皆様のご予約お待ちしております。

CHARI YA TOKYO OFFICIAL HP